よくある質問

インプラントに関する様々な疑問にQ&A式にお答えしております。
これからインプラントをしようとお考えの貴方の参考になれば幸いです。

title.gif

Q.  インプラントを顎の骨に植えて体に影響はありませんか?
Q.   年齢的な制限はありますか?
Q.  インプラントが出来ない場合がありますか?
Q.  どんな人に適していますか?
Q.  治療期間や日程はどうなりますか?
Q.  手術は痛くないですか?
Q.  抜けた歯の数だけインプラントをするのですか?
Q.  治療期間中は歯がない状態で過ごすのですか?
Q.  インプラントってどれくらい持つのですか?
Q.  医療控除出来ますか?

  


Q. インプラントを顎の骨に植えて体に影響はありませんか?
A. インプラントに使われるボルトは、生体親和性に優れ、長期間安定して使用できるチタンを使用しています。そしてチタンは体にうまく受け入れられ、骨はチタンの非常に近くで成長することができます。

*このような現象を “オッセオインテグレーション”  (骨結合)と呼んでいいます。


Q. 年齢的な制限はありますか?
A. 年齢的にあごの骨が完成する20歳前後から、体調に問題がなければ高齢の方まで治療を受けることができます。当医院でインプラントを受けられた最高齢者は82歳の方です。

Q. インプラントが出来ない場合がありますか?
A.

次の方はインプラントできない場合がありますので、歯科医とよくご相談ください。
① 糖尿病の方は免疫力が落ちていて感染しやすいという事がありますので、基本的には出来ません。
② 骨の厚みが足りない方。
③ 重度の歯周病の方。
④ 骨粗鬆症の方。
⑤ 喫煙されている方。喫煙はインプラントにとって禁忌ではありませんが、予後が悪くなる場合が多いですので、術後は禁煙をお薦めします。*注)インプラント保障期間は、1年となります。
⑥ 精神病および治療の見込みが考えにくい方。
⑦ アルコールまたは薬物を乱用している方。
⑧ 妊娠中の方
⑨ 20歳以下の方は骨の成長が終わってからインプラントしてください。


Q. どんな人に適していますか?
A.

① 欠損した歯の為に隣の健康な歯まで削らなくてはいけない方。特に第一大臼歯臼歯(6歳臼歯)を失 った方はインプラントの最適用症例です。
② 入れ歯に抵抗を感じている方
③ 入れ歯に不満を感じている方
④ 入れ歯を装着すると他の歯に影響を及ぼす方


Q. 治療期間や日程はどうなりますか?
A.

インプラントの治療期間は3カ月~半年位かかります。 日程は以下の様になります。

<1日目>
インプラント治療に必要な診査を行いインプラント出来るかどうかの診断をします。
(必要な場合は歯科用CT撮影)

<2日目>
インプラント1次オペ。欠損部分にフィクスチャーというチタンのボルトを埋入します。

<3日目~1週間>
消毒に通って頂きます。

<1週間後~>
抜糸

<2~3ヶ月後>
インプラント2次オペ。
1次オペで埋め込んだボルト(フィクスチャー)に金属のキャップ(アバットメント)を被せます。

<2次オペから2週間後>
人工歯(ハイブリッドクラウンの白い歯)の型をとります。

<完了>
約7日~10日で白い歯が出来てきますので、それを被せて治療は終了となります。
当院では治療完了後1年に3~4回定期検診を受けることを推奨しています。


Q. 手術は痛くないですか?
A. インプラント治療では局部麻酔を行いますので手術中に痛みを感じることは殆どありません。

Q. 抜けた歯の数だけインプラントをするのですか?
A. そうとも限りません。
沢山抜けている場合、数本のインプラントを支台にしてブリッジにする場合もあります。

Q. 治療期間中は歯がない状態で過ごすのですか?
A. 治療期間中は仮歯を入れます。

Q. インプラントってどれくらいもつのですか?
A. インプラントは半永久的なものです。ただ、患者さんのお口の中の衛生状態に大きく関係してきますので、常に衛生状態を良好に保ち、定期検診を受けられるようにして下さい。
当院では、万が一破損した時でも1年の保証をお付けしています。(ただし、定期健診に通われている方に限ります。)

Q. 医療控除出来ますか?
A. インプラがントにかかった費用は医療控除の対象になっています。
年間医療費が10万円を超える場合は確定申告していただくと税金戻ってきます。