よくある症例

当院が今までにインプラント治療を行った症例を紹介いたします。
貴方の歯のお悩みに合った症例をご覧いただき、参考になれば幸いです。

症例1 60歳代女性 右下6、左下456欠損(欠損部にブリッジした例)

嘔吐反射が激しく入れ歯の着用が困難な方。
左側の3本の歯が抜けていたので、2本インプラントを植えてブリッジにしました。

b_a_01.jpg

 

症例2 40歳代男性 右下6、左下56 3本欠損

来院時は右下、左下の3本の歯は根っこしか残っていませんでしたので抜歯をしてインプラントにしました。

b_a_02.jpg


症例3 50歳代男性 右上4、右下7欠損(上部構造にゴールドのクラウンを使用した例)

上顎、下顎の歯が1本ずつ欠損していました。
他の歯がゴールドで治療されていましたので、それに合わせてインプラントの上部構造もゴールドにしました。

b_a_03.jpg

 

症例4 30歳代女性 左右下6欠損 (矯正後の方)

成人矯正をされた方ですが乳歯が残っていたため抜歯し、欠損部にインプラントをしました。

b_a_04.jpg

 

症例5 70歳代女性 左下6欠損 (歯周病の方) 

歯周病が進んで歯がグラグラになり歯痛もあり、抜歯せざるを得ない状況になり、ご本人の希望もあって抜歯しました。
入れ歯やブリッジは嫌だということで欠損部にインプラントをしました。

b_a_05.jpg

 

症例6 30歳代女性 左下67欠損 (入れ歯に抵抗があった方)

まだ30歳代と、お若い患者さんでしたので入れ歯には抵抗が有り、インプラントを選択されました。
左下臼歯2本欠損していたのでインプラントをして、ハイブリッドの白い歯を入れました。隣りの5番の歯もそれに合わせて白い歯にされました。

b_a_06.jpg

 

症例7 30歳代女性 左下6欠損 (ブリッジをはずしてインプラントにした例)

来院時は左下奥歯に銀色のブリッジが入っていましたが、噛みにくく、掃除が大変、それに銀色の歯が嫌との事でインプラントにされました。左下6番にインプラントをしてハイブリッドの白い歯を入れて、左右の銀色だった歯も同じ素材の白い歯に変えました。

b_a_07.jpg

 

症例8 50歳代男性 右下6欠損 (ブリッジに抵抗のあった方)

来院時右下欠損で、ブリッジにするには神経のある隣りの歯を削らないといけないという事で、インプラントを希望されました。

b_a_08.jpg

 

症例9 80歳代男性 左上4

 b_a_09.jpg

 

症例10 50歳代女性 右下67、左下67 4本欠損

b_a_10.jpg